Saku Saku Days

~笑顔咲く毎日を~

【アルゴリズムとは】Scratchプログラミングを始める前にアルゴリズムを理解しておこう【プログラミング必修化】

スポンサーリンク

f:id:kh0411:20190201111850j:plain 

こんにちわ。

小学生のプログラミング必修化もいよいよ来年に迫ってきましたね。

インターネットで見てみるとプログラミング教室も色々あったりして、人気の習い事になっているようですね。

さて、今日はプログラミングにも深く関係するアルゴリズムの話をしたいと思います。

 

アルゴリズムという単語は一度くらいは聞いたことがあるでしょうか?

プログラミングの勉強をする前に、まずアルゴリズムを知っておいたほうがプログラミングの勉強もしやすくなるかと思います。

 その上、将来的にも勉強しておいて損はありません!

 

 

アルゴリズムとは何か

IT用語辞典によると、アルゴリズムとはある特定の問題を解く手順を、単純な計算や操作の組み合わせとして明確に定義したもの。と書かれています。

うーん、なんだか難しそうだ・・・と感じるかもしれません。

でもアルゴリズムは結構身近なところに存在しています。簡単な例を見てみましょう。

 

アルゴリズムは身近なところに存在している

身近な例でいうと、料理をする手順アルゴリズムと考えは同じです。

料理をするという手順を考えてみましょう。まずは、材料を切って、その材料を炒めて、調味料をかける。

料理を作る流れもプログラムの処理の流れに似ていますよね。

 

f:id:kh0411:20190201112032j:plain

そして料理は手順を間違えると失敗してしまいますよね?

アルゴリズムも同じで、処理の手順を間違えるとプログラムが動かなくなります。

しっかりした手順を考えることでプログラムが正常に動きます。

このように考えると、 プログラミングをする上でアルゴリズムはとても重要だと分かりますね。

 

スポンサーリンク

 

アルゴリズムを学ぶことでどのようなメリットがある?

アルゴリズムを学ぶことでどんなメリットがあるのでしょうか。

アルゴリズムを理解していると、プログラムを作ってみたけどもっと動作が速くならないか、プログラムのコードが長いけどもっと分かりやすく書けないか・・・など色々自分で考えるようになります。

 

お子さんが自分で考えることによって自主性を育てることができます。発想力も豊かになり、色々な仕事でも役立ちます。

 

Scratchのプログラミングでは、楽しくプログラミングの勉強をしながらアルゴリズムを学ぶこともできます。

また将来的に他のプログラミング言語を勉強することになっても、アルゴリズムの考え方は同じです。問題が発生した場合でも、アルゴリズムをちゃんと理解していれば、対処も素早くすることができます。

 

プログラミングをする上で、アルゴリズムを理解していないと、頭がごちゃごちゃになってしまいます。私は元エンジニアなのですが、プログラミングを始めた頃は、まずはアルゴリズムを紙に書け!!と言われたものです(苦笑)。

当時はなんでだろうと思っていたのですが、後から考えるとアルゴリズムがちゃんと頭に入っていなければ、プログラムは組めないのです。

 

始めは難しく感じるかも知れませんが、私も最初は簡単な本から勉強をしました。

絵本ぽいやつが当時あり、それを読んで勉強しましたね。

※当時は大人向けの絵本でした。

 

色々な本もありますが、下記も絵本で分かりやすい感じです。


 

アルゴリズムを理解して楽しくプログラミングしていきましょう。

スポンサーリンク