Saku Saku Days

~笑顔咲く毎日を~

【Scratchプログラミング】Scratch3.0で簡単ゲームを作ろう【初心者向け】

スポンサーリンク

f:id:kh0411:20190201182634j:plain

こんにちわ。前回Scratch3.0の話をしましたが、今回は簡単なゲームを作ってみたいと思います。 

 前回の話はコチラ

www.kh-life.info

オフライン版のダウンロード 

オフライン版もダウンロードできますので、下記からダウンロードしてみてくださいね。ウェブ版も使用できますが、オフライン版を入れておくと便利です。

Scratch - Scratch Offline Editor

ダウンロードボタンをおして、exeファイルを実行するだけでOKです。

 星を集めるゲームを作ろう 

では簡単なゲームを作ってみましょう。今回は、海の中でダイバーが星を集めるゲームを作りたいと思います。

背景やダイバーのスプライトは好きなものがあれば変更してもOKです。

 

まずはゲームの説明から。

ダイバーが海で泳いでいると星が降ってきます。その星を5個集めることができたら「5個取った!」と言ってゲームが終わるという流れです。

始めは難しいと感じるかもしれませんが、1つ1つ順序を追っていけば大丈夫ですのでゆっくりと進めていきましょう。

 

最終的には下記のブロックで完成します。

ダイバーのブロック 

f:id:kh0411:20190201223730j:plain 

f:id:kh0411:20190201223746j:plain

 星のブロック 

f:id:kh0411:20190201223926j:plain

 では1つずつ処理をみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

①背景・ダイバーのスプライトを追加しよう

まずは、背景スプライトを追加しましょう。

背景は右側の下部から選択し追加します。 

f:id:kh0411:20190201182742j:plain

スプライトは背景選択ボタンの横にあります。

f:id:kh0411:20190201215146j:plain

選択してスプライトを追加しましょう。

②変数を使って画面に取った数を表示しよう

f:id:kh0411:20190201221503j:plain

まず、上の画面を見ると取った数が表示されていますよね。これは変数を使って取った数をカウントしています。変数ブロックから、変数を作って操作しています。

変数の作り方を見てみましょう。

まずは変数ブロックから、変数を作ります。

f:id:kh0411:20190201222217j:plain

変数名を入力する画面が表示されますので、名前を入力してOKボタンを押します。

f:id:kh0411:20190201222310j:plain

変数を作ると、チェックが入っていると思います。

f:id:kh0411:20190201222606j:plain

このチェックが入っていると画面に表示され、チェックをはずすと変数が表示されなくなります。

プログラムが開始されたときには「0」にして、星を取ったら変数を1増やして数を数えるようにしています。

この変数を使った部分が、下記になります。

f:id:kh0411:20190201224318j:plain

 まず、プログラムがスタートした時に0に設定しています。

そしてメッセージを受け取った時に、画面に表示しカウントしています。

このメッセージを受け取ったときとはどんな時が見てみましょう。

星のブロックにありますね。

f:id:kh0411:20190201224815j:plain

この処理は、星を5個集めたら、メッセージを送る処理になります。

③ダイバーを矢印キーで移動できるようにしよう 

 ダイバーを矢印キーで左右に動くようにしましょう。

左右の動きな下記のX座標でしたね。反対に上下の動きの場合はy座標ですね。

f:id:kh0411:20190201230450j:plain

右矢印、左矢印が押されたらは、制御ブロック調べるブロックから作れますね。 

f:id:kh0411:20190201231026j:plain

回転方法を左右のみにする」も忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

④星を降らせる

 星の動きを見てみましょう。

f:id:kh0411:20190202143832j:plain

星は5個取るまで動作が繰り返されています。y座標の位置を-5ずつ変えながら移動し、端に触れたら隠し、また表示して繰り返しています。

どこかの場所へ行くというのは、ランダムに星を表示させるようにしています。 

⑤星を5個集めたら「5つ取った!」としゃべらせよう

最後に、星を5個取ったら、「5つ取った!」としゃべらせてゲームを終了しましょう。この処理は終わりのメッセージを受け取ったらしゃべるようにしています。

 

星のブロックで、星を5個集めたら終わりのメッセージを送るように設定していましたね。

f:id:kh0411:20190202151423j:plain

終わりを受け取ったらスプライトの他の処理も止めるようにしています。 

最後に

皆さん、うまくプログラムは動きましたか?

始めは難しく感じるかもしれませんが、慣れていくとプログラムアレンジしたりできるようになります。

例えば、星の速さを変えるとか、タイマーをつけて制限時間をつけるとかしても楽しいかもしれませんね。

ぜひ色々アレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク